これで不動産投資も夢じゃないわかりやすさランキング

これで不動産投資も夢じゃないわかりやすさランキング

不動産投資といっても、色々な種類があります。その中で個人向けのお勧めランキングトップ3です。収益性の低い投資ですが、イニシャルコストが低く、初心者の個人投資家にオススメです。第2位はアパート経営です。市場が確立されているため、ハウスメーカーの見積もりが容易である上に、発注依頼も簡単なのが特徴です。ハウスメーカーが一括借り上げサービスを取り入れていれば、管理面の心配をする必要もありません。第3位は駐車場経営です。第1位はワンルームマンション経営です。ワンルームマンションは投資額、経営難易度、収益性のいずれも最適なバランスだといえます。単身世帯は増加傾向にあり、ますます需要が高くなることが予想されます。また、資産価値の高いタワーマンションのワンルームタイプだと、売却価格が購入価格を上回る可能性もあります。

不動産投資をするならどこにするかエリアランキング

続いて不動産投資をするなら、どのエリアがお勧めなのか、エリア別のランキングを見ていきましょう。第3位は神奈川県です。中でも横浜市は東京都心へのアクセスも抜群に良く、交通の便も非常に優れたエリアです。また、観光リゾート地として需要の高い湘南や鎌倉・小田原など、魅力的なエリアが多いです。第2位は愛知県です。ここ数年名古屋市を中心に刈谷市、知立市、長久手市、安城市などで地価が上昇傾向にあります。また、リニア中央新幹線開業に向けて、名古屋駅周辺も開発が進んでおり、目が離せない状況です。第1位はやはり東京都です。東京都心部は飽和状態で流動性は低いですが、新たな開発が進む可能性も低く、首都機能の移転など国家ぐるみで政策転換が起きない限り、大幅な下落は無いと考えられており、その安定感が魅力です。

不動産投資の魅力メリットとはどんなもの

思い切って不動産投資を行ってみるメリットとはどんなものがあるのでしょう。ランキングとは違いますが、知っておきたいことです。一つ目は安定した収入が確保できるという点です。部屋を借りる場合は、年単位で借りることが多いため、長期的に収入を得ることができます。また、賃料は大きく下がることは少ないので、比較的安定した収入になることが多いといえます。2つ目は老後の年金代わりになるという点です。高齢になれば体力の衰えもあり、若い時と同じようには働くことはできないでしょう。そのため、不労所得である家賃収入は、老後の年金の代わりとして最適です。3つ目は少額の資金で始めることができる点です。投資用不動産を購入するための手元現金がなくても、ローンを利用し投資をスタートすることができるのです。その他にもありますが、以上が不動産投資の代表的なメリットといえます。