オフィスに設置しておくのにステキなタイムレコーダー

どのような職業であっても、オフィスというのは雑多になりがちです。経営者と従業員との区別とは関係なく、オフィスそのものが雑多な印象になってしまっていると、他の店舗から出張してきている従業員や、採用されたばかりで研修期間中の従業員がタイムカードを発見しにくいというデミリットが発生してしまうこともあるのです。特にオフィスでは、省スペース設計のタイムレコーダーが人気があるため、あまりにも目立たないデザインの設計で製造されてしまっていると、書類やパンフレットに埋没してしまう可能性もあります。ベテランの従業員であれば、タイムレコーダーの設置場所は体で覚えてしまっているでしょうが、まだ慣れていない従業員にとっては、出勤時などにタイムレコーダーが見つからないとなるとパニックになりかねませんし、実際にタイムレコーダーを探しているうちに時間が経過してしまい、タイムカードに打刻した時には遅刻扱いになってしまう時刻になっていた、というトラブルもあります。省スペースがセールスポイントになっているタイプのタイムレコーダーは、オフィスの中では書類等にまぎれてしまう危険性もありますので、美しくて目立つ事、お洒落で目を惹くデザインであることも実は重要ポイントになっているのです。さらにはオフィスの照明の明るさとの関係性も重要になります。

飲食サービス業の場合には、オフィスの照明を店内の照明に合わせていて、暗くなっている場合が少なくありません。暗い場所でもタイムレコーダーを発見しやすいように、バックライト機能が備わっていると大変便利です。バックライト機能が備わっていて、なおかつバックライトによってタイムレコーダーの時刻そのものが画面表示されているようになっていれば、ベテランでも新人でも間違えずに打刻する事が可能です。

さらにタイムカードの時刻が画面表示されていれば、タイムカードを挿入した時に打刻される時間というのが明確なわけですから、もしもタイムレコーダーの時計が遅れていたり、進んでいたりした場合には、気がつくのが早くなるとも言えます。打刻された時刻が正常かどうかをタイムカードの上で確認しなければならない、となると、ついつい確認し忘れてしまう事も少なくありません。タイムカード上に打刻された時刻を確認しなくても、タイムレコーダーに時計表示がされていて、しかも見やすくなっていれば、従業員でなくても経営者や管理者でも、早期に時計機能修正に気づけるというわけです。

Reply

*