タイムカードを各自で管理できるタイムレコーダーが便利

私が以前に働いていたお店ではタイムカードを各自で管理するシステムになっていました。そのお店で働くまでの職場では昔からあるタイムレコーダーで自分の名前が書かれた紙のタイムカードを差し込むタイプの物でした。その仕事を辞めた理由は上司が勝手にタイムカードに手書きで訂正をして出勤した部分を削除していたのが理由でした。景気が悪いこともあって人件費を削減しようとして実際には出勤していても削除していたのでした。このままではいくら働いてもちゃんとお給料を貰うことができないと思い転職しました。

その後に働いた会社でもタイムカードの事が不安だったのですが初めて出勤した時に上司からタイムカードについての説明を聞いて不安はなくなりました。そのお店のタイムカードは銀行のキャッシュカードのような形で大きさもほぼキャッシュカードと同じでした。裏には磁気がありその磁気情で各個人の情報を管理していました。機械もとても小さくて本体の横にカードを入れて通すと画面に名前と社員コードをタイムカードを通した時間が表示されるようになっていました。タイムカードは各自で管理するようになっていてお店に置いて帰ることができないので以前の会社のように勝手に出勤内容を改ざんされることもなくなりとても便利で安心して働くこおtができました。もしタイムカードを押し間違えた時は訂正することができるのですがお店では直接操作することができず本社に連絡をして直属の上司か店長と本人の両方に本社の人が確認をして問題がなければ訂正してもらうことができます。このようにしっかりと管理ができていると雇う側も手間が省けますし働く側にとっても使いやすく改ざんなどの心配もないので便利です。今まで色んな会社で働いてきましたがこのようなタイムカードを導入している所は始めてだったので驚きました。

たまたま私が働いていた所がそうだったのかもしれませんが私の周囲の人もこのようなタイムカードを導入していないと聞きました。雇う側にとっても働く側にとってもスムーズに運用ができて不正もないので多くの会社で導入したほうが良いと思いました。未だにサービス残業などが多くあるのでこのタイムカードを導入することで働く人の権利を守りお給料をちゃんと貰うことができます。病気になってしまいその仕事を辞めましたが今後働く所でも同じようなタイムカードがあれば良いなと思いますし面接の時に確認しようと思っています。

Reply

*