現在のタイムレコーダーでは勤怠管理は難しいかもしれません

タイムレコーダーといえば誰しも一度は耳にしたことがあるはず。簡単に出勤時間や退社時間を管理することができるものの、正確性に欠けるものも沢山あるはず。払う必要のないお金を払っていませんか?最近の出勤退社管理はもっぱらカード情報をネットワーク上で管理することが当たり前になってきています。システムを導入することにより今までかかっていた時間を大幅に削減することが可能になり、正確性も増します。現在お使いのシステムに疑問をお持ちの方は、是非この機会にシステムの見直しをしてみてはいかがですか?もちろん、会社の規模によってはいきなりシステムを入れるのが不安なかたや、コンピューターはちょっと・・・という方も多いはず。そんなあなたにも最適なタイムレコーダーはあります。あなたにあったレコーダー探すにはこのサイトをお勧めします。サイトにはあなたの希望にあったタイムレコーダーを選びやすいようタイプ別に整理してあります。また、導入が初めてで選ぶのが不安な方、分からない方には、丁寧に説明をさせていただくサービスも行っています。まずは気軽にアクセス下さい。あなたに最適のレコーダー選びをお手伝いさせていただきます。スタッフ一同心よりお待ちしております。

タイムレコーダーはデジタルとアナログ

タイムレコーダーは、時間を計測し、主に勤務時間を計測する機器である。アルバイトを経験している者にとっては馴染みのある機械ではないだろうか。よく見かけるのが飲食だろう。利用法はタイムカードを出勤時と退出時に機械に押し入れればその日の勤務時間が計測されるというものだ。ただし、入退出時にはそれぞれ異なるボタンが有り、誤ってたボタン押してタイムカードを入れていまうと、入室時の欄に退出時間、退出時の欄に入室時の時刻が印字されてしまうために必ず確認が必要となる。これが最も起きやすい場面は早番と遅番の交代時間の時である。遅番が勤務時刻の数分前にタイムカードを切ったままで、次に早番の退出が行われて印字のミスが発生するのだ。正確な時刻を記述してくれるという点では人の手を煩わすことなく人の代用を可能としているようであるが、使い方を謝れば二度手間になる危険もはらんでいるのだ。機械の進歩にも最終的には人の判断や確認が正確になされていなければ、理想の価値は生み出せないのだ。もちろん、その間違いすらも機械が修正してくれれば、言うことはないのであるが、最終の確認はやはり人の手や目にによってなされるものでありたいと私は願っている。

Reply

*