ICタイプのタイムレコーダーが人気です

社員の出勤状態を把握してきちんと給与を払うために必要となるのが、タイムレコーダーです。昔はタイムレコーダーと言えば、専用の機械に専用の用紙を差し込むと、出勤時間や退勤時間などが印刷されて出てくると言うものでした。しかし、最近ではいろいろなタイプのタイムレコーダーが登場していてその機能の多様化していきました。もちろん昔ながらのタイムレコーダーも販売されていますが、最近人気が高いのがICタイプのタイムレコーダーです。ICタイプではタイムレコーダーの専用の紙が必要ないというメリットがあります。毎月必要となっていた紙を購入しなくて良くなるので、経費を削減することができます。ICタイプの仕組みとしては、社員証などにICチップが組み込まれており、それを機械にかざすだけで勤務の状態が把握できるようになっています。

これだと、社員にとっても簡単ですし、出勤状況を管理する方もいろいろなメリットがあります。ICタイプでは、コンピューターに直接データが送られるようになっているので面倒な集計などをコンピューターで簡単に行うことができます。時間の短縮にもなるのでとても良いタイムレコーダーだと思います。また、多くの営業所などがある企業では、それぞれの営業所で行っていた管理をネットワークを利用して一括管理をすることができます。また、会社にあわせてシステムを追加することも可能となるので、より適した管理を行うことができます。社員証などのICカードだけでなく、携帯電話や定期券などをそのままタイムカードとして利用ができるタイムレコーダーもあります。

これだと、わざわざタイムカードを作成しなくて良いのでより経費削減につながると思います。このようなICタイプのタイムレコーダーは価格の割りに高性能なので導入する企業が増えてきています。多くの種類があるので、会社にとって必要な機能は何なのかやどんなものをタイムカードとして使いたいのかなどを考えて導入すると良いでしょう。インターネットを利用して調べてみると多くの種類のタイムレコーダーを見ることができます。それぞれの機能についても詳しく紹介されているのでそれを参考にするのも良いと思います。もちろんICタイプでなはく昔ながらのタイムレコーダーも多く販売されています。インターネットの通販では、格安で販売されているものもあるので気軽にタイムレコーダーを導入することができると思います。

Reply

*